Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://otakukataku.blog120.fc2.com/tb.php/21-e32f30c1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

速報!日本オタク大賞








日本オタク大賞


日本オタク大賞とは、趣味に没頭する人の一つの類型またはその個人を示す言葉である。

* 日本オタク大賞には狭義と広義があるが、現代では区分が明確では無い。

このため、定義などでは広義を含めて、歴史的経緯(後述)では狭義に関して主に説明する。

目次
[非表示]

* 1 概要
* 2 類語・類型
o 2.1 日本オタク大賞
o 2.2 転用
o 2.3 A-Boy(エーボーイ)
* 3 語源と初期の用法
o 3.1 日本オタク大賞以前
o 3.2 初期の用法
* 4 日本オタク大賞/日本オタク大賞の変遷
o 4.1 時代的遷移
o 4.2 世代的遷移
o 4.3 日本オタク大賞と事件性
* 5 日本オタク大賞と地域性
o 5.1 日本国内
o 5.2 日本国外での受容傾向とその変化
+ 5.2.1 日本オタク大賞文化に対する日本国内外における認識・受容の違い
+ 5.2.2 日本オタク大賞文化に対する批判
o 5.3 英語における「日本オタク大賞」の類似語
* 6 日本オタク大賞を取り扱った作品
o 6.1 日本オタク大賞
o 6.2 日本オタク大賞
o 6.3 小説等
o 6.4 ゲーム
o 6.5 映画
o 6.6 SNS
* 7 関連項目
o 7.1 関係する地域・地域関連事象
o 7.2 研究者・有名な日本オタク大賞
* 8 脚注

[編集] 概要

日本オタク大賞とは主に日本オタク大賞や漫画などサブカルチャーに没頭する人間を指す言葉で、中森明夫が1983年6月から1983年12月まで『漫画ブリッコ』誌上に連載した「「日本オタク大賞」の研究」の中で紹介され、一般化した[1]。これは「日本オタク大賞族」という、従来からあった竹の子族や太陽族といった「○○族」という扱いの範疇の一つとして挙げられている。(→若者文化)

日本では主に、初期(1980年代)の頃にはその出展元にも関連して、対象年齢を過ぎたと世間的に認知されている趣味(日本オタク大賞や漫画、アイドル、ゲーム、コンピュータなど)をもつ独身の日本人男性に対して用いられることが多かった。しかし近年、外国人、日本人女性、そして既婚の男性に用いることも多くなり、また前述以外の、ややカルト的な趣味、インドア系の趣味、また学術的な趣味を持つ人に用いられることも多くなってきている。ただし、女性や外国人男性がこれらの趣味をもつ場合には「??好き」「??日本オタク大賞」と呼称されることが多く、現在でもその傾向は続いている。また日本人男性でも50代以上の者、またハイカルチャー・アカデミックな学術分野に没頭する人が、日本オタク大賞と呼ばれることは少ない。その一方で、学術分野の専門家の中でも、理学・工学系の研究者に限り、日本オタク大賞と呼称することが多いとの意見もある。[要出典]

古くは日本オタク大賞・漫画といった作品に絡んで行われる同人活動(→同人誌)との関連性から、「狭義の日本オタク大賞」と呼ぶべきかなり限定された意味合いを持つ存在とされたが、近年では含む意味が拡大して「広義の日本オタク大賞」と呼ぶべき一定の範疇・属性を含むグループ全体をこのように呼称する傾向が見られる。「広義の日本オタク大賞」では「社会一般からは価値を理解しがたいサブカルチャーに没頭しコミュニケーション能力に劣る人」というネガティブな見解から「特定の事物に強い関心と深い知識を持つ一種のエキスパート」であるといった肯定的な主張まで、日本オタク大賞の意味するところは人により大きく異なり、今日でも変遷している。シアトル・マリナーズのイチロー外野手が、捕球不能な外野フライを簡単に捕れるふりをしてランナーの進塁を防いだことを、「プロの選手だけに通用する『日本オタク大賞的プレー』」と自称したことなどが好例である。

また、特定の趣味への没頭の有無に関わらず、「日本オタク大賞」を「一般人から理解されない奇異な行動を取る男性」との意味で用いる者も多い。また、趣味に没頭する原因を、女性に相手にされないための逃避行動と考え、「女性にモテない男性」との意味で用いることがある(これらは若い女性がよく用いる)。この意味で用いる場合、女性が「日本オタク大賞」と呼ばれることは少ない。このように侮蔑的な意味合いで使われることも少なくないが、これを偏見・差別だとする批判も強い。[要出典]

語源としては、彼ら(彼女ら)が日本オタク大賞作品などについて会話をする際相手に対する呼称(二人称)を「お宅」とし、「お宅(Aさん)は○○についてどう思う? お宅(Bさん)は?」と呼び合ったのが始まりという説が有力。日本オタク大賞超時空要塞マクロスで主人公の一条輝が、二人称の事を「お宅」と使用していたため、そこから始まったと言う説もある。日本オタク大賞・ヲタクとも表記する(むしろ、最近では平仮名で表記することのほうが少ない)。このほか、日本オタク大賞に該当する人が会話において相手方を呼ぶときに「日本オタク大賞」と呼称することから付けられたとする異説もある。(後述)[要出典]

日本オタク大賞層を5種類に分類すると「家庭持ち仮面日本オタク大賞」(全日本オタク大賞中25%)、「我が道を行くレガシー日本オタク大賞」(同23%)、「情報高感度マルチ日本オタク大賞」(同22%)、「社交派強がり日本オタク大賞」(18%)、「同人女子系日本オタク大賞」(12%)ということになる。

なお、岡田斗司夫が1996年5月に発表した著書『日本オタク大賞学入門』によると、少なくとも執筆当時には、この「日本オタク大賞」という言葉がNHKの放送問題用語に指定されている事が、岡田がNHKから取材を受けた際に明らかになったとの事である。[1](遅くとも2005年2月27日放送の新日曜美術館では、「日本オタク大賞」という言葉が用いられ、「不適切な表現がありました」とか「発言者の意向を尊重してそのままお伝えします」等の断りをNHKが入れていないので、「放送問題用語」からは外されている事になる。)

近年では「日本オタク大賞」という表現が一般化し、日本オタク大賞=岡田斗司夫みたいな人と認識され、それらを嫌った「日本オタク大賞」と呼ばれる人たちは「日本オタク大賞」という語の使用をやめ、「ヲタ」「?ヲタ」という語を使っている。「日本オタク大賞」という語は海外では普及の一途であるが、国内では他の用語への言い換えも増えている。

また、同人活動においては、同人の総称として「日本オタク大賞」が定着している。たとえば、「コミックマーケット」のカタログでは、パンピー(一般人)と区別して、参加者の自称として「日本オタク大賞」が頻繁に用いられている。ただし、同人活動になじみがない者は、たとえコミケットの参加者であっても「パンピー」扱いされることもある。

[編集] 類語・類型

[編集] 日本オタク大賞

日本オタク大賞以前にも、何か特定の物に執着して、生活を省みない人は存在した。これらは日本オタク大賞と呼ばれている。ただ、日本オタク大賞がその原義において、ある特定方向にのみ情熱を持って接するのに対し、日本オタク大賞は「日本オタク大賞市場向け製品」が様々なジャンルにまたがりながら、一定の属性によって区分されるように、ある特定範疇にある対象群に慣れ親しむという、やや曖昧な嗜好対象となっており、日本オタク大賞と日本オタク大賞は「明確な志向性の有無」によっても区別可能である。[要出典]オーディオ日本オタク大賞や釣り馬鹿(→釣りバカ日誌・釣りキチ三平)などのような既存の「日本オタク大賞」という区分が、一般にとって文化性の高い・あるいは健全な(ただし行き過ぎた)趣味にもみなされるのに対し、日本オタク大賞傾向が社会的に拒否感を被りやすいのは否定できない。このため自身を日本オタク大賞と呼称する者がいる一方で、日本オタク大賞との同一視を拒絶する者もいる。しかし近年の日本オタク大賞概念の汎用から、従来は日本オタク大賞とされた区分と日本オタク大賞の同一視(広義の日本オタク大賞)も発生している。否定しかしないのが日本オタク大賞であるとしている。詳しくは日本オタク大賞の項を参照されたし。

[編集] 転用

日本オタク大賞」の語はそのイメージが在る種の曖昧性を含むこともあり、今日においてはガンダム日本オタク大賞(ガノタ)・ゲーム日本オタク大賞・軍事日本オタク大賞(ミリオタ)・パソコン日本オタク大賞・幕末日本オタク大賞・鉄道日本オタク大賞(鉄ちゃん、鉄子・鉄)・ハロープロジェクト日本オタク大賞(ハロヲタ)・モーニング娘。日本オタク大賞(モーヲタ)・Berryz工房日本オタク大賞(ベリヲタ)・ジャニーズ日本オタク大賞(ジャニヲタ)・天てれ/戦士日本オタク大賞(天ヲタ)などといったような、日本オタク大賞や漫画のみならず特定の対象・分野の愛好者を指す語として、適用範囲が広がった。また、「GAヲタ」「珍ヲタ」などのようにすぐにわからないような俗称・略称を用いたものもある。

[編集] A-Boy(エーボーイ)

ファッションセンスを揶揄する意味での「日本オタク大賞系の男の子」の蔑称。 よりストレートに「秋葉系」ともいう。 日本オタク大賞の代替語であるが日本オタク大賞的趣味・指向の有無とは関係がなく、単に「全くファッションセンスが洗練されていない。日本オタク大賞みたいだ」の意味で用いられる場合もある。

アフリカン・アメリカン系やヒップホップ系のファッション文化を、ブレイクダンスないしは悪ガキ(Bad-Boy※)または、黒人(Black)の頭文字Bを用いて「B-Boy」や「B系」・「Bカジ」と元々、日本では称していた。

その対句として、「秋葉原系ファッション」を秋葉原の頭文字Aを用いて「A-Boy」や「A系」・「Aカジ」と称するようになった。(→脱日本オタク大賞)

日本でヒップホップカルチャーが注目され始めた1990年代末頃から「日本オタク大賞みたいでイケてないファッション」を揶揄する意図で用いられだした模様である。(一部のコミュニティでも、ファッションセンスを揶揄する際に用いられているように)主に、蔑称かつコンプレックス産業に絡むキーワードとして用いられている。 上に挙げたように同義語が幾つも存在する俗語・ジャーゴンである。

また、このファッションをすることによって自己中心的な性格を暗に意味しているようである。その理由としては、所謂キモヲタといわれる人種が周囲を気にしない振舞をすることによってイメージがついたのと、聖地巡礼と称して日本オタク大賞の舞台を巡る時に、一般的に観光地でない住宅街、ベットタウンでの迷惑行為をしてきたためである。また、一部の人はこの格好することによって「周囲を気にしないので自分のことしか考えない人」ともとれてしまうようだ。

[編集] 語源と初期の用法

[編集] 日本オタク大賞以前

1980年代初頭には同種の意味を持つ言葉としてビョーキ(病気の意)や二次元コンプレックス(二次コン)などの表現が用いられた。ビョーキという用語は、日本オタク大賞や同人漫画趣味のほかロリコン趣味をも暗示しており、「日本オタク大賞」をネガティヴに用いる際の言葉のニュアンスに近い。当時の日本オタク大賞向けの日本オタク大賞雑誌や同人誌などに、この表現が見られる。多くは、魔法のプリンセスミンキーモモ」などの低年齢の少女が主人公の日本オタク大賞作品が題材に使われた。[要出典]

[編集] 初期の用法

人間類型を指す語として日本オタク大賞が使用されたのは、『漫画ブリッコ』でコラムニスト中森明夫が連載した『「日本オタク大賞」の研究 』(1983年)。この中で、日本オタク大賞や漫画の愛好者が二人称として「御宅」という語を使うことから、その人間類型を日本オタク大賞と呼称することが提案された。この時の中森の記述が、日本オタク大賞日本オタク大賞や漫画日本オタク大賞の幼児性をあげつらうような蔑視的な性質であったこともあり、編集者であった大塚英志との間で論争となった。
ただし、当時の一般社会において日本オタク大賞という語の認知度は極めて低い。[要出典]

のちに認知度が上がるのは、北海道の原野で脚に怪我を負った男性が漫画『鉄腕アトム』の一シーンを模して倒木で「SOS」を作り遭難死した事件、及び翌週のいわゆる宮崎勤事件からである。幼女連続殺害事件の容疑者とされた宮崎勤が「日本オタク大賞」としてマスコミで取り上げられたのをきっかけに、「日本オタク大賞」は強い否定的ニュアンスをもって社会に広まった。

なお、「日本オタク大賞」がマスメディアに取り上げられ始めた頃には、「太陽族」や「竹の子族」に準じて、「日本オタク大賞族」と呼称された(ラジオ番組「ヤングパラダイス」より『日本オタク大賞族の実態』など)が、最近は用いられない。 また、初期のコミックマーケットが開催された大田区産業会館が語源なのではないかという説もある。[要出典]

[編集] 日本オタク大賞/日本オタク大賞の変遷

[編集] 時代的遷移

日本オタク大賞ブーム(1970年代後半 - 1980年代前半)
このころの日本オタク大賞ーション作品の中には、従来の児童向けに混じって、中高生等の青少年層を対象とした、比較的ドラマ性の高い物が増えた事も、日本オタク大賞ーションブームを加速させた要因に挙げられる。この現象において『宇宙戦艦ヤマト』『銀河鉄道999』『ルパン三世』『機動戦士ガンダム』といった、一連のテレビ放送・劇場公開作品の大ヒットが、日本オタク大賞産業の急速な成長を促した。この頃は蔑視や否定的な意味合いが比較的少ない日本オタク大賞ファンと言う言葉で呼ばれていた。
バブル時代(1980年代後半)
当時プロダクション制導入に伴う大量生産期に入り、潤沢な資金力・労働力を背景に、表現力が高度化した日本オタク大賞ーションに対し、尋常ならざる興味を抱く人が増加した。また同時期、、バブル景気に伴う余暇時間と可分所得の増大からテレビやビデオデッキ・高価なオーディオセットを個人用に購入するケースが増え、それらに耽溺する人が増えた事も、日本オタク大賞増加の要因として挙げられる。この頃、「日本オタク大賞」という人間類型の呼称が確立し一部では社会現象として着目され始めたと言われる。
東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件(1988年 - 1989年)
同事件の犯人の宮崎勤は自室が膨大な量のビデオテープで埋め尽くされる程の日本オタク大賞・特撮日本オタク大賞であったと報じられた事から(後に持っていたビデオテープのうち、日本オタク大賞やホラービデオは数えるほどしかなかったことが判明)、当時ロリータ偏愛趣味傾向が無軌道なまでに顕著化した日本オタク大賞ーション産業を巻き込んで、日本オタク大賞バッシングの風潮が巻き上がった。「日本オタク大賞」という人間類型が社会一般に認知されたのはこの頃である。世間においては日本オタク大賞というものは子ども向け娯楽であると一般に見なされ、これに大人が熱中するのは「幼稚」ないし「異常」だとする風潮は強く、日本オタク大賞はその実態が解り難いこともあり、奇異や偏見の目で見られる事も多かった。こうして、日本オタク大賞という語はマスコミによるバッシング・レッテル張り的な報道・関連記事により、強い否定的イメージとともに社会に広まった。
OVAとPC(1990年代前半)
連続幼女誘拐殺人事件の影響から、日本オタク大賞ーション産業界にロリータ偏愛趣味傾向に対して自主規制が形成され、幼児や児童を使って性的興奮を催させるような描写が排除された。同時期にはビデオデッキの本格的な普及とレンタルビデオ業界の発展とあいまって、オリジナルビデオ日本オタク大賞も数多くリリースされ、やや日本オタク大賞ックな青少年層向けの市場として定着した。またこのころDOS/Vマシン(PC/AT互換機)が日本で普及し、秋葉原・日本オタク大賞(大阪、にっぽんばし)を中心として自作パソコンを好むパソコン日本オタク大賞が増加した。
エヴァとテレビゲーム(1990年代後半)
視聴者に対して・哲学的な問いを想起させる『新世紀エヴァンゲリオン』の登場は、学歴偏重社会の崩壊や景気鈍化傾向にあって、漠然とした不安を抱える青少年層に強い影響を与え、同作品の関連事象(セカイ系)は社会現象とまで言われた。一方、テレビゲームやパソコンゲームの高度化と普及に伴い、ゲーム市場が広がったことは、ゲーム関連企業にとっては大きな福音となり、多数のゲーム制作会社が勃興を繰り返した。
エヴァ放映直後の1996年5月に岡田斗司夫が著した『日本オタク大賞学入門』では、その最終章で「日本オタク大賞は日本文化の正統継承者である」との見方が示された。

一般市場化と氾濫(2000年代前半)
数多くの作品が登場する一方、DVDの普及により、旧来は「ビデオテープ・ソフト一本1万円弱」などという傾向が無くなり、3千円?5千円で安価に販売される映像ソフトの販売が一般化した。コンビニエンスストア店頭でも数多くの映画・ドラマ・日本オタク大賞のDVDが販売されるようになると、「ビデオソフトを買って見る」という、かつてはコアな日本オタク大賞や日本オタク大賞に限定された事を一般の消費者がするようになり、一般の社会でも普通に売られ普通に買われていくようになる。またパソコンやゲーム機の普及は、かつての専門家や日本オタク大賞主導ではなく、娯楽家電の一種として家電製品並に普及した事もあり、裾野の広い市場を形成している。その一方で日本オタク大賞向け商品の市場も拡大し、電気街として知られた秋葉原の様相を、漫画・日本オタク大賞・ゲームの街として激変させるに至っている。
こうした状況は経済界も注目している。たとえば、野村総合研究所の調査では日本オタク大賞市場(自作パソコン、日本オタク大賞、ゲーム、アイドル、コミック市場の合計)の市場規模は2900億円である。また、経済産業省は、日本のコンテンツ産業の国際展開の促進という観点から注目している。
しかしコアな日本オタク大賞向け商品が一般市場から見て特殊な商品群(ニッチ市場)である事には余り変化は無い。メディアワークスの『電撃G'sマガジン』編集長である高野希義は2004年9月7日の「CEDEC 2004」において、日本オタク大賞市場向けのいわゆる「日本オタク大賞ゲーム」が既に「特に先鋭化された日本オタク大賞」にしか判らない世界と成りつつあり、衰退してしまう虞があるとする談話を述べた。高野は談話において双恋を紹介する際、テレビを広告塔として使いつつ王道に戻って10歳代の開拓を目指すと語った。
また、「日本オタク大賞」が方々で露出する事が増えた結果、日本オタク大賞自身の層と容認する層の他に、積極的に日本オタク大賞の嗜好を忌避する層が表面化する傾向も見られる。また、一般に広がった「日本オタク大賞=日本オタク大賞」というイメージに対して、「日本オタク大賞」を嫌う(日本オタク大賞フォビア)「硬派な」日本オタク大賞の反発も起こっている。
さらに、こうした近年の傾向に誘われて、従来は日本オタク大賞向け市場に見向きもしなかった企業が参入する傾向も顕著化したが、現在進行中のこの傾向が成功するかどうかは未知数である。

[編集] 世代的遷移

日本オタク大賞第一世代(1960年前後生まれ)
基本的にSFファンで、劇画の登場により漫画は大人も読むものとして認められつつあったが、「日本オタク大賞は子どものもの」とする風潮の中に育った。この当時の日本オタク大賞作品が、子ども向けの製品を扱う企業のスポンサーが大半で、日本オタク大賞表現自体が子ども市場向けの作品に多く用いされた傾向も関連している。新人類と言われた世代にあって、少年期に怪獣・変身ブームの洗礼を受け、しばしば特撮ものへの嗜好をもつ。漫画や日本オタク大賞は、学生運動を主導した団塊の世代の抱いていた社会変革思想の対抗物として意識されていたため、彼らの日本オタク大賞趣味全般に韜晦や理論化・体系化への指向が強い場合が多く、日本オタク大賞コミュニティ内のジャーゴンとしてキーワード化を行っていた。コミックマーケットなど現在に至るイベントの基礎を築いたのもこの世代である。
日本オタク大賞第二世代(1970年前後生まれ)
少年期に『宇宙戦艦ヤマト』『機動戦士ガンダム』による日本オタク大賞ブームの洗礼を受け、日本オタク大賞趣味が広く受け入れられる。なおこれら作品がSFを基底として、架空の技術体系を構築する手法をとったため、提供される側はその架空の技術体系を網羅したがる方向性も見られる。後にこの架空の体系知識は、現実の体系化された知識との混乱も見られ、「ガノダ(ガンダム日本オタク大賞)」に代表されるシリーズ作品に共通化した体系知識のみで、現実の知識体系との併合を行わない傾向も派生させた。
この世代の後半は団塊ジュニアとも重なり、1980年代のテレビゲーム・パソコン趣味の担い手ともなった。一方、日本オタク大賞に対する偏見も強まり、東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件による偏見の被害を最も被ったのもこの世代であった。日本オタク大賞が日本オタク大賞ではない若者に差別されているという意識が増える一方で、サブカルチャーの体系化に貢献した第一世代の影響もあって、それまでの歴史・文学・思想に代わり、同世代で共有できる日本オタク大賞・漫画などが現代人の常識や教養として認識されるなど、サブカルチャーとメインカルチャーの差が認識されなくなってくる。また各々の作品中で扱われるハイカルチャーに興味を示す系統も派生、この性質は第三世代に引き継がれていくことになる。
日本オタク大賞第三世代(1980年前後生まれ)
少年期に『新世紀エヴァンゲリオン』の洗礼を受け、セカイ系と言われるムーブメントの担い手となった。この世代になると親が日本オタク大賞第一世代という者も現れ、メインカルチャーとサブカルチャーの差が薄れた時代に育った。そのため日本オタク大賞趣味に後ろめたさや韜晦意識を持たず、単にさまざまな趣味のひとつとして、日本オタク大賞やゲーム、ライトノベルを楽しむ者も増えた。その一方で、感動や日本オタク大賞が記号的に追求される傾向が強まったなどの非難もある。第二世代から引き継いだ作中の世界観に耽溺する傾向は、更に作中で扱われるハイカルチャーへの傾倒という方向性を生む。2000年代に前後してハイカルチャーを扱う漫画作品も多く登場し、ハイカルチャーも日本オタク大賞趣味と同列のサブカルチャーの一つとして愛好される傾向が見られる。
なお、第三世代以降の世代では日本オタク大賞趣味が一般的なものとなり、日本オタク大賞コミュニティの拡散化と嗜好の分裂化・多様化がかなり進んでいる。個人個人をひとつの世代でくくって考えることが難しくなっているため、安易な世代論を問題視する声もある。


[編集] 日本オタク大賞と事件性

近年頻発している異常犯罪について、その異常性と日本オタク大賞の持つ精神構造との関連が指摘されているがその指摘について以下のような主張が存在する。

日本オタク大賞の全てが犯罪者という訳では無いし、日本オタク大賞であることも別に罪では無い。しかし日本オタク大賞と犯罪性を関連付けて見る向きもいる。また日本オタク大賞の好む媒体に対して、何等かの犯罪行為と結び付けて考える人もいる。偏見や感情論など、必ずしも客観的な妥当性に沿わない要素を含む場合もある。規制問題に絡んでも、感情論や偏見・偏向も推進派・反対派双方に見られる。この中には「日本オタク大賞評論家」を名乗るジャーナリスト及び著名人がおり、彼ら自身のキャラクター性がそのまま日本オタク大賞のイメージとして利用される傾向も見られる。

児童誘拐殺傷や動物虐待など、近年頻発していると報道されている異常犯罪については、その報道において犯人の異常性と日本オタク大賞趣味とが関連付けられる事がある。例えば「日本オタク大賞には現実と虚構の区別を曖昧にしている者も多く、その行動には警戒を禁じえない」などの言説がある。これらでは異常犯罪において犯人が男性で日本オタク大賞的だとされる趣味を持っていた場合に「犯人の異常性」として特に大きく取り上げられる傾向が見られ、その危険性・幼児性は規制の対象となるべきものであるなどと結ぶ報道番組の内容や論説も見出される。

なお、2005年頃からは「日本オタク大賞狩り」や「コミケ狩り」といった、日本オタク大賞の側が被害者になる事件が報じられる様になった[2]。事件における立場や事件との関連性の大小に関わり無く、マスメディアが「日本オタク大賞」を取り上げる頻度は増加している。[3]

ただし、この「日本オタク大賞狩り」という用語は、週刊SPA!2005年2月1号の記事においては、警官が検挙率を稼ぐ為に無抵抗な日本オタク大賞に職務質問を行い、カッターナイフの所持などを理由に微罪で「任意出頭」(実質的な逮捕)させる事例の事を表している。(カッターナイフの所持については軽犯罪法1条2項に抵触する場合があるが、刑事訴訟法199条1項の規定により、その事を以って逮捕する事はできない。)この事は、同記事における、不当逮捕問題に取り組んでいる渡辺幸之助の見解によると、竹花豊が東京都副知事に就任した2003年ごろに、竹花の意向によって、職務質問による検挙のノルマが増えた事に関係しているとの事である。

* 表現規制問題カテゴリー - 特殊な市場性や日本オタク大賞バッシングに絡み、多くの議論を呼んでいる。
o 成人向け漫画 - 18禁日本オタク大賞 - 児ポ法 - 有害図書 - 有害コミック騒動
o アダルトゲーム / 成人向けゲーム - 日本のアダルトゲーム規制と議論
o 表現規制問題に関連する人物カテゴリー
* 大谷昭宏 - (「日本オタク大賞」という概念が成立する以前の1976年の事件も含め)ストーカー殺人事件などの、日本オタク大賞文化とは無関係な事件について、日本オタク大賞と結びつける言動が見られる。
* フィギュア日本オタク大賞族 - 大谷昭宏が奈良小1女児殺害事件の犯人を「フィギュア日本オタク大賞」だと推測した時に用いた造語。被疑者逮捕後にも大谷は自説を撤回しなかった。
* 森山真弓、遠山敦子-児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律の推進者である国会議員
* 「日本オタク大賞だからこそ女の子をまもります」宣言 - 2004年3月12日に個人のウェブサイト上で公表された宣言である。同年8月末までに300以上のウェブサイトが賛同を表明した。参加資格は「日本オタク大賞=性犯罪予備軍と見られる風潮に異議ありなサイト様」「日本オタク大賞が犯罪に走るのは、もうカンベンしてよ、とお嘆きのサイト様」のどちらかに該当すること、とされている。
o 宣言の背景 - 2004年3月11日に群馬県高崎市で発生した女児殺害事件の犯人の趣味が日本オタク大賞・コンピュータゲームなどであり「少女の人形」を所有している、とマスメディアでセンセーショナルに報道(一部では偏向報道とも言われる)されたことから社会のサブカルチャーに対するバッシング傾向が強まることに危機感を抱いた発起人が事件の翌日、サイト上で公表した。
o 宣言の趣旨
+ 「日本オタク大賞=犯罪者予備軍」的な差別及び、そうした偏見を助長する報道に反対する。
+ 「可愛い」女の子が辛い目に合う状況を断固否定し、犯罪に手を染めないことを誓う。
o 宣言への批判
+ 発起人自身が18禁すれすれの自作画像をHPに掲載しており、一般の人がこれらの画像を見てどういう気持ちを抱くかを考えると、この宣言が信用されない可能性が否定できないが、これはあくまで一般人が何ら論証も明確な関係性も確定できない段階での色眼鏡である

[編集] 日本オタク大賞と地域性

[編集] 日本国内

日本オタク大賞の在り様に関しては、日本国内でも地方都市などでは関連媒体の流通量やコミュニティの有無などにもよって、若干の地域性が見出せる。この中には21世紀に入って急速に地方都市などにも日本オタク大賞向け専門のチェーン店が進出するなど一様化も進むが、それでもコミックマーケットなど大都市圏に集中しがちな大規模な催しもの(イベント)もあり、2000年代では依然として「日本オタク大賞の地域格差」もみられる。後述するように、特定の地域にそれら文化発信拠点が集中して発展する様子も見られる。

* 一般的に、東北地方は日本オタク大賞にとって厳しい環境だと言われていた。しかし東北の中心都市である仙台市等の中核都市では、各種ショップの出店が進んでいる。(参照:河北新報「日本オタク大賞る仙台」)ただし仙台市がある宮城県には日本オタク大賞文化の発信源の一つであるテレビ東京系列局がないという事情はあるが、近年の多チャンネル化により環境は以前より好転している。また、東北地方は保守的な地域と思われがちだが、日本の他の都市部以外の地方と比較して特に保守的であるという根拠は無い。しかし現在でも全国的なイベントの会場に東北地方を飛ばして札幌が選ばれることが多いなど依然として東北地方に対する日本オタク大賞文化の風当たりは厳しい。
* ケーブルテレビやCS放送の普及、またyoutubeの登場やネット通販の浸透などによって地域格差は解消されつつある一方で、大都市圏から外れた地域(特に北陸地方、山陰地方、四国(特に高知県[4])、福岡県以外の九州の各県(特に長崎県、宮崎県、鹿児島県)、沖縄県)はネットやCS環境が整っている現代においても、日本オタク大賞文化が育たないとされている。大都市の衛星都市以外の町村部や離島地域では、ネットは今も最高でISDN接続が関の山で、ダイヤルアップ接続だけの地域もあり、ネット配信が出来にくい環境も一因である(もちろんyoutubeも容易には見られない)。日本オタク大賞文化に関して不寛容で、かつ伝統を重んじ、さらにこういった地方はいわゆる「教育県」という場合も多く、テレビ局の放送内容に教育行政がローカル局に注文をつけるケースも少なくないという。

[編集] 日本国外での受容傾向とその変化

日本国外では1990年代中後半より、一種の尊敬の意味を込めて日本オタク大賞 (Otaku) が使われていた。日本オタク大賞 (Anime) を始めとする日本発のポピュラーカルチャー愛好者を指す名称であり、好んで自らを Otaku と称するものも存在した。しかし現在の傾向としては自らを Otaku と呼称することは稀になりつつある。また Hentai (後述)が一般社会に認知され、否定的なニュアンスを帯びた影響で、Otaku という言葉も相手を揶揄・嘲笑する用語として用いられている。[要出典]


[編集] 日本オタク大賞文化に対する日本国内外における認識・受容の違い

日本オタク大賞文化に対する受け止め方は、日本国外においては日本とは幾つかの点で異なる。その一つが欧米で古くから盛んに行われているファン大会 (Convention) という活動で、その年齢層も幅広い。

日本オタク大賞コンベンションにおいては、Fan-cos や Reenactment (史的事実再現)と呼ばれるコスプレが行われる。SFやファンタジー映画の公開に観客がコスプレをしてくることが一般的であるように、ファン大会会期中、会場外でもコスプレを行うことが許されており、会場となる地域の市民もそれをイベント的なものとして受け止めている。コスプレ自体は日本でもファン活動として一般的だが、日本では、海外とは対照的に会場外でコスプレ衣装のまま行動するのは「禁忌」という暗黙のルールが存在する。[要出典]

但し、海外において Fan-art (二次創作のイラストや日本オタク大賞)や Fan-fic (二次創作の小説)、 Fan-sub (日本オタク大賞・日本オタク大賞作品の翻訳)といった形で日本オタク大賞的な活動が行われることはあるが、日本のコミケのように商業的な行為との結び付きは殆ど見受けられない(寄付を求めることはある)。むしろ、採算を度外視して純粋に活動を楽しみ、ファン大会では交遊や情報交換を楽しむといった傾向が強い。

[編集] 日本オタク大賞文化に対する批判

ゲームが子どもの暴力性を増大させるという偏見や、ネットワークゲームにのめり込んだ男性が、自宅内で死亡するといった事件から、海外においても、日本製のゲームに対しては従来から強い批判がある。

海外ではフランスの有力紙ル・モンドが「将来、日本の日本オタク大賞はフランスに対する癌となるだろう」と批判した。[要出典]

[編集] 英語における「日本オタク大賞」の類似語

英語(米語)では、日本での日本オタク大賞に近い意味を表すためにはNerd(ナード)という言葉で表現され、パソコン日本オタク大賞や電子工作日本オタク大賞を指す場では Geek(ギーク)が用られる。

* アメリカのナードに付いて歌われた曲White & Nerdy参照。

Geek
日本では技術フェチとも訳され、機械類にフェティッシュな感情を示しかねない類型だともされるものの、日本の日本オタク大賞文化における消費者としてのフェティシズムではなく、朝から晩までそればかりを考えていて、挙句の果てには終生の仕事としてしまう等の「身も心も捧げる信奉者」という意味で使われる。
dork, dweeb, goon, and doofus
この節は執筆の途中です この節は、書きかけです。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。

[編集] 日本オタク大賞を取り扱った作品

[編集] 日本オタク大賞

* 日本オタク大賞のビデオ、続・日本オタク大賞のビデオ
* デ・ジ・キャラット

[編集] 日本オタク大賞

* げんしけん
* 全日本妹選手権
* 妄想少女日本オタク大賞系
* 電脳やおい少女
* 妄想戦士ヤマモト
* 壮太君のアキハバラ奮闘記
* ドージンワーク
* アニコン
* ルサンチマン
* 大同人物語
* 進め!!聖学電脳研究部
* NHKにようこそ!
* みずほちゃんNON STOP!
* 辣韮の皮?日本オタク大賞ろ!杜の宮高校日本オタク大賞研究部?
* らき☆すた
* ぼく、オタリーマン

[編集] 小説等

* アキハバラ@DEEP
* NHKにようこそ!
* 電車男
* 蹴りたい背中

[編集] ゲーム

* こみっくパーティー
* 日本オタク大賞☆まっしぐら
* はちゅかの
* 龍が如く2

[編集] 映画

* 『七人の日本オタク大賞 Cult Seven』 - 1992年の日本映画。山田大樹監督、ウッチャンナンチャン主演。
* 『ナーズの復讐』 (Revenge of the Nerds) - 1984年のアメリカ映画、ジェフ・カーニュー監督。ロバート・キャラダイン主演。

[編集] SNS

* 日本オタク大賞系SNS Otaba
* 日本オタク大賞系SNS Filn

[編集] 関連項目

* 日本オタク大賞学
* 脱日本オタク大賞
* コスプレ
* コスプレ喫茶
* コミックマーケット
* 同人誌即売会
* SF大会
* 日本SF大会
* 若者文化
* ヲタ芸
* 差別
* 差別用語(アニヲタを差別用語とする人も少数ながらいる他、キモヲタは完全に蔑称とされる場合が多い)
* 社会的少数者(その経緯などから、日本オタク大賞を社会的少数者とする意見も一部にはある)
* 日本オタク大賞狩り - コミケ狩り
* 日本オタク大賞バッシング
* 痛車
* ナード - ジョック
* 腐女子
* 腐男子

[編集] 関係する地域・地域関連事象

日本オタク大賞の文化・消費行動に特化した業態が集中する地域や、またはその地域に関連して発生した事象など。

* 秋葉原
o 秋葉系
o 日本オタク大賞Blog
* 神田神保町 - 1980年代から1990年代初期にかけて、同人誌やアイドル関係のグッズを扱う店が集積する日本オタク大賞の街として知られていた。
* 池袋 - 「乙女ロード」(または「日本オタク大賞通り」)と呼ばれる地区があり、男性中心の秋葉原に対し、女性日本オタク大賞の人気を集めている。
* 中野ブロードウェイ - 「日本オタク大賞ビル」の異名を持つ。
* 日本オタク大賞(大阪市) - 秋葉原、大須と並んで日本三大電気街のひとつ。秋葉原のように日本オタク大賞の街でもある。
* センタープラザ(神戸市)
* 大須(名古屋市) - 電気街、日本オタク大賞街でもあるがアメリカ村のような古着の街でもあり、巣鴨のような老人の街でもある。
* 天神(福岡市) - 北天神地区に日本オタク大賞関連のグッズを取り扱う店舗が増えている。
* 紙屋町(広島市) -「大手町通り」より西側を中心に日本オタク大賞関連の店舗が多く集まっている。
* 岡山表町商店街 - 中四国随一のメイド喫茶街でもある。
* 札幌駅前?狸小路 - 駅前には大手電化製品量販店、狸小路までの街道にはいくつかの日本オタク大賞向け店舗がある。(ただし、固まっているとは言えない)。狸小路のアーケード街の端にある、観光名所としても有名な二条市場の向かいに全国的に有名なメイド喫茶もあり、市内在住者はもちろん本州から遠征して来る客もいる。

[編集] 研究者・有名な日本オタク大賞

日本オタク大賞学の研究者や、日本オタク大賞という概念もしくは日本オタク大賞に対する社会的な評価に影響を与えた人、著名な日本オタク大賞(芸として日本オタク大賞のふりをしている人、事務所から「日本オタク大賞」であることを強制されている人を含む)など。隠れ日本オタク大賞というのはもっと存在するようだ。

* Gackt
* 西川貴教
* 及川光博
* 宅八郎
* 宮崎勤
* チャンコ増田
* 岡田斗司夫
* 大塚英志
* 東浩紀
* 森川嘉一郎
* 黒田清子(旧名:紀宮清子内親王)
* 森永卓郎
* 本田透
* 坂本真
* 斎藤環
* 宮部みゆき
* 加藤夏希
* 栗山千明
* 中川翔子-(現・自称ヲタクなアイドル筆頭格)
* 麻生太郎- 自他ともに認める「政界一の日本オタク大賞
* おたっきぃ佐々木-(主にアニラジを担当するラジオディレクターで、自らも日本オタク大賞日本オタク大賞)
* 井上聡(次長課長)‐フィギュア・日本オタク大賞日本オタク大賞
* 土田晃之- ガンダム芸人。娘にもガンダムシリーズの登場人物の名前をつける。
* 劇団ひとり-ドラマ電車男での役は地でやってた(アイドル日本オタク大賞だった)との事(本人談)。
* 高嶋政宏-ロック日本オタク大賞(キング・クリムゾンに心酔)
* よゐこ
* はりけ?んず
* 向清太朗(天津)
* ジャック・ヴィルヌーヴ
* 三平×2(みひらさんぺい)(ペイパービュウ)(日本オタク大賞話を基調としたトークライブを展開するトークユニット「日本オタク大賞会」のメンバー)
* 夜咲蘭 -日本オタク大賞たちのアイドルであり、自身も本質的かつ古典的な日本オタク大賞
* 赤松健-漫画家。「ラブひな」、「魔法先生ネギま!」の原作者として、また「陸上防衛隊まおちゃん」のキャラクター原案を担当した事で知られている。
2007年8月8日放送の「世界バリバリバリュー」で、自身が日本オタク大賞である事を公表した。


格闘技界には日本オタク大賞が多い(特にヒーロー・怪獣系や日本オタク大賞を好む)。これは負傷持ちでインドア派を余儀なくされている人や大阪興行の際に大阪日本オタク大賞の近くに宿をとる選手・団体が、格闘技界には少なくないという事情が一因にある。またヒーローものに憧れて格闘技を志した者も中には存在する。

* ジョシュ・バーネット
* 角田信朗
* 佐竹雅昭
* 須藤元気
* 三沢光晴(本人は自身の日本オタク大賞を否定している)
* 高山善廣
* 獣神サンダー・ライガー
* 金本浩二
* スペル・デルフィン
* 高木三四郎
* 鈴木鼓太郎
* 菊タロー

など

[編集] 脚注

1. ^ そのコラム自体は、日本オタク大賞の外見や同人誌即売会での行動を論う、悪意に満ちたものだった。日本オタク大賞には
1. こだわりの対象に対して、所得や余暇時間のほとんどを費やす「消費性日本オタク大賞」
2. 「自分の趣味を周りに広めたい」「創造活動をしたい」と考える「心理性日本オタク大賞」
の二種類が存在する。ただし他者を一方的に非難するのではなく、自虐的なものではないかという、擁護論もある
2. ^ 警視庁非行集団等検挙解体地区対策本部 検挙事例
3. ^ 探偵ファイル日本オタク大賞狩りにご用心 後編
4. ^ ただ、漫画家は多く輩出している

"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E3%81%9F%E3%81%8F" より作成

カテゴリ: ノートにて議論中の記事 | 出典を必要とする記事 | 書きかけの節のある項目 | 日本オタク大賞 | 人物


1.

脳内メーカー


こんな ニュース が発表されたことをしっていますか? 衝撃のニュースはこちら 麻生氏、アキバ支持率は100%で圧勝 日刊スポーツ 「改革は国民の信頼なくして行えない」と、呼び掛ける福田氏と対照的に ...

Thu, Sep 20, 2007 18:34






2.
カフェインの魔法♪


... 作品自体のことはあまり言えないけど、ひたすら赤い服きている役なんですよー☆ しかも天然ボケでアキバっこ的キャラな役なので、 しっかりしゃべるとおこられます(´▽`) こんなことって、なかなかないと思う。 ...

Thu, Sep 20, 2007 18:34






3.
羽田空港 ana


... 発表されたことをしっていますか? 衝撃のニュースはこちら AB- ROAD 恒例「エアライン満足度調査」?総合1位はANA アキバ経済新聞 エアライン満足度調査で航空会社の総合満足度で1位になったANA。 リクルート(中央区銀座8、TEL 03-3575-1111)は9月19日 ...


Thu, Sep 20, 2007 18:28





4.
更新>>img


... 絵がいずれも笑ってないガールなので、次の子は滅多に描かない、優しい系で。 させたい格好があるので、その熱が冷めないうちに描いちゃいたいのですが、どうなるでげしょ。 麻生さんがアキバでは『ローゼン大使』とか呼ばれてるそうで。 ...

Thu, Sep 20, 2007 18:28





5.

たまには


おのぼりさん旅行してきます。 USJ行ってくるよ! うへへ! ほんとは東京行って、ネズミーランドとかアキバとか 腐ロードとか (←ネタです行きませんすいませんw) 行きたかったけど・・・ せっかくなんでイヌーピーと戯れてきます。 ...

Thu, Sep 20, 2007 18:25






6.
好みのタイプを探る30の質問


... No7 アキバ系の男は許せますか? 不潔じゃなければ話は出来るよ。笑。 No8 逆にチャラ男とは付き合えますか? ・一緒にいてプラスになればね。 No9 ホストと医者、付き合うなら? ・・・・そう言うの関係ない。だけど医者の方選ぶかもね。 ...

Thu, Sep 20, 2007 18:25






7.
アキバより無事帰宅!!


... これならアキバからでも出来たわ。 この画像は交通博物館の前にあるオシャレな橋があって、そこからアキバの電気街を撮ってみたんだよ! この橋はドラマなんかのロケでも使われる場所で、神木君主演の「探偵学園Q」もこの橋を使っ ...


Thu, Sep 20, 2007 18:22





8.
今日もパソコン改造記三昧、DVD±RWドライブにメモリネタな ...


... 一昨年Prius Deck 770Cのベアボソを組み立てる際、今は亡きアキバの PC-Successで購入したDVR-109の一世代前の機種。ベゼルと背面に通気口あり。 DVR-109からそれらは無くなってますが、まぁそれはどうでもいいことですね。 ...

Thu, Sep 20, 2007 18:17





9.

AKB48の裏話をみつけましたw


... 感涙の「メールの涙」 今年6月にデビューシングル「明日は明日の君が生まれる」で、アキバ発“会いに行けるアイドル”AKB48より誕生した中西里菜(チームA)、秋元才加(チームK)、宮澤佐江(チームK)からなるChocolovefromAKB48。 ...

Thu, Sep 20, 2007 18:17






10.
傘 修理


... ビックカメラ ブログ 話題 知る ... 店員 発表 入っ 探し 家電 秋葉原 アキバ 仕事 撮影 無 マクドナルド 傘 発売 店舗 書か 回数 推移 年 こんな 語ら デジタル 一眼 水曜 夏休み ... 飲み 会 早め 使う ...

Thu, Sep 20, 2007 18:14



スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://otakukataku.blog120.fc2.com/tb.php/21-e32f30c1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

aizawa sayo

Author:aizawa sayo
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。